毛穴の詰まりは薄毛の原因になりますか?|育毛剤ランキング|薄毛で悩む男性へ!【Dr.イクオの育毛研究所】

薄毛に効く人気育毛剤を徹底評価|Dr.イクオの育毛研究所

毛穴の詰まりは薄毛の原因になりますか?

「毛穴が詰まる!」はウソです

皮脂といえば毛穴に詰まるというイメージが大きいのですが、その理由はおそらくニキビの原因が毛穴詰まりということと、マスメディアの広告による長年の刷り込みでしょう。

確かに顔にある細かな毛穴は汚れが詰まりやすく、ニキビを招く一因ですが、頭皮の毛穴は顔の毛穴に比べて大きいために「詰まる」ということは、そもそも起こりません。

毛穴に皮脂や汚れが入り込み詰まっているように見えることはあっても、決して固く詰まっているわけではないので通常のシャンプーで簡単に取り除くことができるのです。

皮脂が毛穴に詰まっているという思い込みは危険

ですが、もちろんシャンプーで頭を洗うという行為が要らないというわけではありません。

毎日分泌される皮脂やホコリ、ワックスをはじめとした整髪料が頭皮に付着するので、それらはしっかりと落とす必要があります。

しかし、そういった汚れも通常のシャンプーと十分なすすぎがあればしっかりと落とすことができるのです。

つまり強力な洗浄力を持つシャンプーを頻繁に使うことは逆に頭皮にストレスを与えることになってしまいます。

「皮脂」は健康な頭皮に必要なものです

「皮脂を落とす」「余分な皮脂を取る」「毛穴に詰まった皮脂を」・・・

育毛系のアイテムには「皮脂」という単語がよく登場します。

なんとなく肌に滞留して清潔な環境を阻害し、薬剤の浸透を妨げるというイメージがありませんか?

それは大きな間違いなのです。

そもそも「皮脂」とは毛穴から分泌される油分のことです。

前述の通り男女ともに美容の大敵と思われる物質であり、特に思春期のニキビの原因として有名ですよね。

ですが、実際のところ頭皮に皮脂が詰まるということはありませんし、皮脂自体にも大きな役割があります。

それが「バリア機能」です。

肌の上に皮脂の薄い油膜があることにより外的刺激から肌を守ってくれているんです。

バリアで守られているからこそ健康な毛を育てるという役割が果たせるというものの、バリアがなければ外的刺激にさらされ、頭皮本来の機能が阻害されかねません。

つま過剰な皮脂洗浄をするとバリアが失われ、毛を育む機能にも影響が出やすいということです。

現在薬用シャンプーなどでは皮脂にスポットを当てた製品が多く売られていますが、実はこの皮脂こそ、健やかな髪の生える頭皮には必要不可欠な物質だったのです。

テレビや雑誌で毛穴が詰まると言われる現象の多くは皮脂を取りすぎる事で過剰に皮脂が分泌されてりまうことが原因です。
健康な毛を育ててくれる頭皮には適度な油分が欠かせませんので「洗いすぎ」にはくれぐれも気をつけましょう。

ニオイが気になる人は正しい皮脂対策を

皮脂が悪者ではないことはなんとなくご理解いただけましたでしょうか?

次はニオイについてのお話です。

「脂ぎった頭皮はニオイが気になる。」

皮脂が詰まるというのは思い込みでも、ニオイに関してはこれが事実です。

しかし、皮脂を取り去ればニオイが消えるということでもありません。

というのも、皮脂を取りすぎるケアを続けるとさらに多くの皮脂が分泌されてしまいます。

「皮膚の潤いが足りない!」という頭皮のSOSですね。洗ってもすぐに脂っぽくなるのはこのためです。

そして過剰な皮脂がある頭皮では常在菌バランスが崩れ、ニオイの元となる「悪玉菌」が増殖してしまうのです。

ギトギトが気になるからと言って洗いすぎるのは厳禁。

ニオイが気になる方は一度使っているシャンプーを優しい成分のものに見直しましょう。

過剰な皮脂が巻き起こす怖い皮膚疾患

これがさらに常習化すると皮膚に常在している真菌(カビの仲間)が増殖。

そのためかゆみや湿疹を伴う皮膚疾患を招く危険性まで高まります。

炎症やかゆみを伴うものは不快感があるだけでなく、かゆみに負けて触ってしまうと抜け毛にもつながります。

さらに一度かゆみが出ると、かいてしまう→かさぶたになる→またかゆくなる・・・という悪循環になりがちです。

そうなってしまった場合にはまずかゆみや炎症の治療を最優先に行いましょう。

吹き出物や炎症が有る部分にはローションもしみてしまう場合があるので育毛剤の使用はお休みすることをおすすめします。

リンスやトリートメントは時として悪者に

さて、シャンプーと言えばリンスやトリートメントです。

痛んだ髪を少しでも綺麗に見せるためにトリートメントを利用されている方も少なくないと思いますが、実のところこれらは髪の毛をコーティングして綺麗に、つややかに見せているだけです。

コーティングして髪を綺麗に見せるというのは肌荒れをした女性が厚化粧でごまかすのと同じ。

界面活性剤を含んだ製品も多く、キューティクルの状態をさらに悪くする場合もあるので髪の毛の痛みが気になっても使いすぎには注意しましょう。

まずは健やかな頭皮と髪の毛を手に入れることが先決です。

よくある質問

髪によくない食べ物って?

育毛に良い食べ物があると同時に、良くない食べ物もあります。例えば、塩辛い食べ物や、動物性脂質、刺激の強い香辛料の摂り過ぎは避けるべきです。 塩辛いものは、老化を早める恐れがあり、動物性脂質は、過...

»続きを読む

朝のシャンプーは髪によくないの?

シャンプーするのが朝であろうと、夜であろうと関係ないと思いがちですが、実は朝の洗髪は抜け毛の原因となります。 忙しい朝の短い時間での洗髪では、必要以上にゴシゴシと洗ってしまったり、すすぎが不十分...

»続きを読む

育毛剤を使えばすぐに効果がでますか?

適切な育毛法を実践することで、通常はなんらかの効果は現れます。 ただし、即効性は期待できません。最初に毛髪にハリやコシが感じられるようになり、頭皮の状態が改善されるに伴い、産毛のような細い髪、あるいは...

»続きを読む

男性ホルモンが多いとハゲるの?

薄毛、脱毛の原因は、男性ホルモンの量ではないことが分かってきました。 男性型脱毛症の原因は、厳密に言うとジヒドロテストロン(DHT)という活性型の男性ホルモンです。 これは、男性ホルモンと毛根部...

»続きを読む

トップに
戻る

Copyright (C) 2019 育毛剤ランキング|薄毛で悩む男性へ!【Dr.イクオの育毛研究所】 All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。