睡眠時間をしっかり取る|育毛剤ランキング|薄毛で悩む男性へ!【Dr.イクオの育毛研究所】

薄毛に効く人気育毛剤を徹底評価|Dr.イクオの育毛研究所

睡眠時間をしっかり取る

髪を育てるには正しい睡眠が欠かせません。

「睡眠不足」という言葉をよく聞きますが、健やかな髪を育てるには適度な睡眠が必須です。

もちろん体全般の健康にも欠かせない要素ですが、一番の理由は夜眠るときに髪を作る成長ホルモンが活発に分泌されるからです。

睡眠の種類を知って正しく眠りましょう

睡眠に「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の2種類があることは有名ですが、育毛に重要なのは「ノンレム睡眠」の方です。
「レム睡眠」は一般的に眠りが浅い状態を指し、体は休まっていても脳は働いている状況です。

睡眠中に夢を見るのはこのレム睡眠の時が多いとされています。

レム睡眠の時は少しの物音で目が覚めたりするので入眠直後の状態です。

では、育毛に重要なノンレム睡眠とはどういう状況なのでしょうか。

ノンレム睡眠は体に加え、脳までしっかりと休んでいる状態です。
物音や振動などでも目が覚めないときはこの深い眠りに入っているときでしょう。

成長ホルモンは年齢とともに減少。だからこそ質の高い睡眠が必要

髪を作る成長ホルモンですが、加齢とともに分泌の量は少しずつ減っていきます。

若い頃は夜更かししてもへっちゃらだったのに大人になってからはすぐ不調が出るというのもこれが一つの理由です。

ただでさえ少ない成長ホルモンなのに、睡眠の質が低下することによって分泌の機会を失ってしまうと髪だけでなく体全体が衰えてしまいます。

では質の高い睡眠を得るにはどうすれば良いのでしょうか。

正しい睡眠のカギは眠る時間帯にあり

厚生労働省の発表によると日本の成人の睡眠時間で最も多いのが「6時間以上8時間未満」で、およそ6割を占めます。
季節ごとに若干伸び縮みはあるようですが、この「6時間以上8時間未満」というのが日本人の標準的睡眠時間と考えて良いでしょう。

では、就寝する時間帯ですが、一般的に成長ホルモンが分泌されるピークは午後10時から午前2時の間といわれています。

したがって、この時間に「ノンレム睡眠」に入れる状態がベストと言えますね。

女性の間ではこの時間帯を肌を美しくするための時間、「シンデレラタイム」と呼んで持てはやされていますが、実は男性にも重要な時間帯なのです。

とはいえ成人の方が夜10時に就寝するというのはなかなか難しいことですので目安は日付が変わる前、0時までに布団に入ることを目指しましょう。

睡眠時間ですがこれは一人ひとり最適な時間が異なります。

厚生労働省のかかげる「健康づくりのため睡眠指針2014」を見てみましょう。

”年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を。

必要な睡眠時間は人それぞれ

睡眠時間は加齢で徐々に短縮

年をとると朝型化 男性でより顕著

日中の眠気で困らない程度の自然な睡眠が一番”

→→ 厚生労働省「健康づくりのための睡眠指針 2014」第5条より

ということです。ですので前述の標準睡眠時間はあくまで目安とし、自分にあった睡眠時間を探りましょう。

「睡眠不足」と簡単に言いますが、慢性的に睡眠が足りていないと体全体の血行不良・ストレスを感じやすくなるなど色々な問題が起こります。

薄毛には精神的なことも大きく関与すると言われているのでストレスを感じるというのも良くありませんね。

忙しい生活の中においても少しでも睡眠の質を高め、十分な睡眠を心がけましょう。

なお普段深夜まで起きている方でなかなか寝付けないという方は以下の点に気をつけて夕方以降の時間を過ごしてみて下さい。

寝つきを良くするために今日からできること

まずはお風呂です。入浴はリラックスタイムというイメージが強いですが、実は体温が上がり、交感神経へ刺激を与えることとなり寝つきを妨害しがちです。
お風呂に入るときは就寝時間の2,3時間前に済ませるようにしましょう。

そして一日の疲れを癒す嗜好品ですが、お酒やタバコも入眠の妨げとなることが多いといわれています。

また、食後のコーヒーにもカフェインが含まれますので就寝前は避けるのが賢明です。

どうしても目が冴えて眠れない人は、朝早起きをして朝日を浴び、日中に運動を取り入れましょう。

朝日を浴びることで体内時計が調整されますし、運動で肉体的疲労を与えると寝つきがよくなります。

運動といっても普段より意識して体を動かせば十分です。バスに乗らずに歩いてみる。エレベーターを使わずに階段を利用する。はじめは少しのことからやっていきましょう。

生活のリズムは長年の積み重ねで形成されます。焦らずゆっくりと改善をしましょう。

育毛におすすめの睡眠法についてのまとめ

■育毛に大切なのは深い眠り「ノンレム睡眠」

■髪を作る成長ホルモンは年齢とともに減少するので質の高い睡眠が求められる

■午後10時から午前2時までの時間帯を含む6~8時間の睡眠が理想

■就寝前には飲酒喫煙を避け、入浴は2、3時間前に済ませる

→→ 次の記事:「適度な運動をしよう」

生活習慣関連記事

飲酒や喫煙は控えめに

育毛へのアルコールの影響は大きく、過度な飲酒は、毛髪への栄養補給を阻害するほか、 体内に取り込まれたアルコールは、脱毛を引き起こすホルモンへ変換されるということも分かってきました。 また、喫煙は...

»続きを読む

ストレスは抜け毛の大敵

薄毛、脱毛の原因として、ストレスも見逃せません。ストレスによって、血管が収縮してしまい、髪の栄養不足を引き起こします。 自分なりの精神的なストレスをためずに、リラックスする方法を見つけておくことが大切...

»続きを読む

食生活の改善

髪に良い食材のウソ・ホント 昔から「昆布は髪に良い」「ワカメを食べると髪が黒く・綺麗になる」など海藻類は髪に良いという話をよく聞きますよね。 ですが、この話の多くは俗説に過ぎず、海藻類を摂れば髪に...

»続きを読む

睡眠時間をしっかり取る

髪を育てるには正しい睡眠が欠かせません。 「睡眠不足」という言葉をよく聞きますが、健やかな髪を育てるには適度な睡眠が必須です。 もちろん体全般の健康にも欠かせない要素ですが、一番の理由は夜眠るとき...

»続きを読む

適度な運動を心がける

血行の悪さは育毛の大敵!デスクワークではこまめなストレッチを取り入れましょう 現代人の生活と切っても切れないのが肩こりです。パソコンやデスクワークには必ず付きまとうものですし、スマートフォンの普及で...

»続きを読む

トップに
戻る

Copyright (C) 2019 育毛剤ランキング|薄毛で悩む男性へ!【Dr.イクオの育毛研究所】 All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。